• HOME
  • 子どもが賢く育つ家とは?
  • 暮らしの変化に柔軟に対応する住まい「クレスカーサ」
  • コミュニケーション能力を高める子ども部屋
  • 子どもが賢く育つ住まいの間取り

暮らしの変化に柔軟に対応する住まい「クレスカーサ」

親子のコミュニケーションが増す大空間

ミュニケーション能力や社会性を高める育児。それを可能にする住まいがセキスイハイムの『クレスカーサ』です。構造的な間仕切り壁が一切不要な"ラーメン構造"を採用したクレスカーサは、家中オープンな大空間を必要に応じて間仕切るという新発想。大開口と部屋同士のつながりが生み出す伸びやかな空間、視覚的な広がり、実際の広さよりもずっと豊かで気持ちよい空間のゆとりを味わうことができます。オープンな間取りなら、お互いの気配を感じあうことができ、親子のコミュニケーションも途切れることはありません。

豊富な可変設備メニュー

Stage1 夫婦二人

夫婦のみの時はオープンな2階空間を、ベッドのコーナーと西南のセカンドリビングとして使用。

Stage2 子ども0~5歳

子どもが生まれて幼少期は1階寝室部分を仕切り、同室で就寝。収納を移動させ、セカンドリビングを遊び場兼用に拡大。

Stage3 子ども6~10歳

子どもが2人となり、セカンドリビングを遊び場とベッドスペースに分かれる子ども室にアレンジ。

Stage4 子ども10~22歳

子どもにそれぞれ個室が必要になれば、収納の移動とモジュラーパネルなどで分割。

Stage5 夫婦二人(子ども独立)

子どもたちが巣立って広々と夫婦別寝室に。モジュラーパネルなら気配が感じられるよう、一部分だけ抜くのも容易。

子どもの健康と安全を守る最新設備

空間が閉じられないことで、家族がどこにいても気配を感じることができる「オープン大空間」をつくりやすいのがハイムならではの特徴です。
オープンな間取りの最大の欠点は、冬に寒いこと。業界最高レベルの高気密・高断熱を誇るクレスカーサなら、少ないエネルギーで家中を暖かくすることができます。

快適エアリー

冬はあったか。夏はさわやか。一年をとおして気持ちのいい上質な空気を創造できる通年型空気調節システムが「快適エアリー」です。エネルギー効率のよいヒートポンプ方式の冷暖房・除湿ユニットと、高性能な熱交換型の第一種換気システム※1を床下大空間に組み込み、2階にも冷暖房・除湿ユニットを追加すれば全室空調も可能。また、人感センサー※2での自動運転制御により外出時の消し忘れ防止や不在時の無駄な運転も抑制できます。家じゅうの温度差を抑制※3し、いつでもどこでも快適で清々しい住まいを省エネで実現します。

  • ※1換気システムのオプションについて「快適エアリー」の換気システムは第一種換気が標準ですが、第三種換気の「24時間換気システム」もセレクト可能です。ただしその場合、高性能3層フィルターは設置されませんのでご注意ください。
  • ※2人感センサーはLDKのみ標準です。他の部屋はオプションで選択ができます。
  • ※3「快適エアリー」の空調対象外の居室については、個別エアコン等の設置が必要です。対象居室についても地域やプランにより別途対応が必要な場合があります。

あったか×さわやか 通年型空気調節システム 快適エアリー

居室・非居室での温度差が少ないからできる間取

快適エアリーは、遮るものがないハイムならではの床下空間に冷暖房・除湿ユニットを設置。居室と廊下や玄関・脱衣室などの非居室との気温差が少ないので、実現できる間取があります。

階段ホールにスタディコーナー

家全体が快適なので、空間を効率よく使えます。通常は通路にしかならない階段を上がった先のホールに、スタディコーナーをつくることも可能。子どもたちは、のびのびと快適に勉強できます。

床座スペースで深まるコミュニケーション

リビングとダイニングに囲まれた床座スペースも家族のお気に入りのコミュニケーション空間に、家じゅうの温度差が少ないから、床に座っても快適にすごせます。

子ども部屋を柔軟に有効活用

間取りに時間の概念を取り入れた住まい。クレスカーサは、家そのものの耐久性に加えて、暮らしの変化にも柔軟に対応できる可変性を備えています。可動間仕切りや可動収納などを上手にレイアウトすることで、ライフステージに合わせた最適な住まいを実現。子どもの成長・家族構成の変化に合わせた空間利用が可能な上、増改築や外観変化にも柔軟に対応できます。

カタログ請求はこちらから もっと詳しく、クレスカーサをお知りになりたい方はこちらから。

page top