• HOME
  • 子どもが賢く育つ家とは?
  • 暮らしの変化に柔軟に対応する住まい「クレスカーサ」
  • コミュニケーション能力を高める子ども部屋
  • 子どもが賢く育つ住まいの間取り

コミュニケーション能力を高める子ども部屋

コミュニケーション能力を高める子ども部屋の与え方

与えるタイミング

子どもが欲しがるものを簡単に買い与えるのは教育上よくない、ということは大抵の親なら知っているはず。でも、子ども部屋はなぜか子どもが欲しがる前に、与えてしまうことが多いようです。
家を建てたものの、各部屋をより快適な空間にすることで、家族がリビングに集まらなくなり、ワンルームマンション化してしまい、結果的に家族のコミュニケーションが激減してしまった。そんな失敗談をよく聞きます。このような環境で大事な性格形成期を過ごしたためか、最近では孤独感や自分の居場所がどこにもないと感じている子どもが増えているというアンケート結果が公開され、問題となりました。

幼児や小学校の低学年のうちは、自分の部屋を持たせることよりも、家族といつも和気あいあいと暮らせた方が子どもたちだってうれしいはずですし、コミュニケーション能力も育めます。やがて、3~4年生くらいになると、子どもの方から自分の部屋を求めだします。そこですぐに与えるのではなく、少し我慢させて、リビングや2Fの一部のコーナーを自分のコーナーとして与え、きちんと自分で管理ができるようになったら、子ども部屋を与える。こんな与え方をすると、子どもの自立・自律を促進させることができるのではないでしょうか。

身の丈にあった部屋の与え方

子どもと大人はスケール感が違います。子どものころに遊んだ公園や、幼稚園や小学校のグラウンドに久しぶりに行ってみたら、『あれっ?こんなに小さかったかな?』と感じたことはありませんか。子どもは大人に比べると体が小さいため、空間の見え方も大人と全然違って見えるのです。ですから、最初から立派な子ども部屋を与えると、成長するにつれて空間は狭く感じるようになり、もっと大きな部屋を要求するようになります。できれば子どもの成長、身の丈にあわせて子ども部屋を少しずつ広げていくのが望ましいのではないでしょうか。

小学校のうちは、個室部分をなるべく最小限にし、あまったスペースは兄弟でともに遊んだり、学んだりできるキッズルームとして使えば、友達も呼びやすく前出のヨコの関係を強化することができます(図)。やがて、中学生・高校生と成長するにつれ、部屋の大きさを広げ自立を促していくというのが理想。そんな子育て世帯の要望に応え、クレスカーサでは手軽に間取りを変えられるように可動収納と可動間仕切りをご用意しました。

子どもが集中して勉強できるインテリア

子どもが成長し、受験勉強などに取り組む年頃になったとき、大切なポイントとなるのが子ども部屋のインテリア。
まずは壁紙の色。人間はその空間の色によって、時間を長く感じたり短く感じたりします。人によって多少の感じ方の差はあるようですが、一般的には寒色系(青系)の色は時間が短く感じられ、精神的にも落ち着き、集中しやすいようです。逆に暖色系(赤系)の色は時間が長く感じられ、神経が高ぶりやすいといわれています。同じ色調でも、原色系より淡いパステル系の方が気分が落ち着き、集中しやすいそうです。

次に大切なのが机の配置。窓に面して配置すると、外の物音や景色などに気が散ってなかなか集中できません。できれば正面は壁になるように机の配置ができると、集中しやすくなります。ただし、のんびりと外の景色に心を癒されながら読書にふけるような設定のファミリーライブラリーの場合は、正面に窓があってもよいでしょう。

カタログ請求はこちらから もっと詳しく、クレスカーサをお知りになりたい方はこちらから。

page top